BLOG

8月の音読会の台本できましたっ!

今回は短く反応するシリーズの1  ミジハン1 です (^^)v

暑い夏を楽しく音読して乗り切りましょう!


先日のPotluck Partyでも感じたと思いますけど

実際のやりとりって短いでしょ?

相手の英語がわかっても頭の中で英語探してなかなか反応できないのは悔しいですよね

少し覚えたからって一気に全部解消されるわけではないですが

少しずつ 焦らず増やして行きましょう♪

おととい久しぶりにちかさんとJapan TimesST編集長高橋さんの動画をチェックしましたが

*14'26"ー19'16" あたりをご覧ください*

触れなければいけない英語のインプット量を仮に100とすると

平均的な日本人のインプット量ってどれくらいか?



なんと・・・

たった「2」ですって!!!!!!

驚き桃のきファンキーモンキーベイビーです

だから、こんなに勉強しているのに喋れな〜いなんて嘆く気持ちもわかりますが

そんなものです そんなもの 

すっぱり割り切って

音読会でインプットしましょうよ


月に2回のレッスン・2時間のレッスンで何ができるか?

難しいところですが、

教室が引っ越し、遠いので通うことができなくなったのは

本当に申し訳ないことです

それでも、長い事月2時間のペースで何とか頑張っています

気楽に長〜く続けるのが語学学習のコツですよね

毎日酷暑が続いていますね

熱中症にはくれぐれもお気をつけください

さて YuunaさんのShow and Tell 動画のアップロードが完了しました

Show and Tell はあくまでも英語学習のショートゴールです

3ヶ月毎に目標を作って練習を重ねると言うのが狙いです

ドンドン、スキルが上がるのがわかるのも励みになりますね


パレット柏のミーティングルームEにてPotluck Partyを行いました

今まで触れてきた表現方法を使って実際に会話をしてみようというものです

英語ネイティブのゲストを囲んで、英語で質問するだけですと

それはインタビューになってしまいます

普通の会話ではないですよね

今回は、自然な流れの中で会話をする そういうミッションです

持ち寄りパーティーで

ゲームをしながら 

「あ、それ、危ない」とか

「あ〜 ある、ある」とか

「え?どういう事?」

「知らなかった〜〜」

そんなやり取りを英語で話す

話せなければ、そういうやり取りの英語を盗む

いろんな瞬間にそれぞれの発見があるはずです

その人にとって一番印象に残った表現や単語を吸収していただければ

それで本日のミッションは成功だったと言えましょう (^^)

昨晩 西麻布のパスタ屋さんで隣の席にいらしたバイリンガルの女性は

英語で言った方が言いやすいところは英語で

日本語で言った方が楽なところは日本語で

話してらしたように思います

うま〜く会話に組み込まれていて

あ〜〜 こういう事がしたいのよ 

と思いました


本日のポトラックパーティーのような経験を積み重ねられるといいですね






7月11日(水曜日)の午前10時はEvaluation の練習をします

今回はとても短いスピーチの論評とTVコマーシャルの論評をします

動画を見て10分、考える時間があります

そのあとは、2分のスピーチを行います

完全な即興ではないですが、10分ではどのように話をまとめるかを

考えるのが精一杯


英語圏に限らず、意見を求められることは多々あります

ガールズトークなら特に文章がまとまらなくても問題ないですが

論評となると短くキュッとまとめなくてはなりません

それって今日やったから明日できるなんてもものじゃないですよね

そう一朝一夕にはいかないのです

だからこそ一緒に論評に慣れる練習をしませんか?



昨日 1年ぶりくらい?に論評のワークショップをしました

1年前は私を入れても3名?でしたのに

昨日は6名参加で私を入れて7名

笑顔と達成感のあるワークショップでした

Evaluationなんて言うと緊張しちゃうけれど

物ネタですからね、誰を評価するわけでもなく

要は商品のいいとこ、もう少し何とかならないだろうかって事を

話せばいいだけです

いくつかの商品を選んでいただいて

皆さん、それぞれ別の物ですので、

自由に意見を述べてもらいます

構成の簡単なテンプレートと言うかチェックシートをご用意しました

10分間考える時間があるので

そこであれこれ感じている事を整理して絞っていきます

そして阿弥陀籤で順番を決め、2分のスピーチ

いやいや、人ってそれぞれだなぁって改めて思いました

単純な商品についても人の想いは様々

人間って面白い♪

ですから、初めての論評ワークショップなのに

笑いまで取れると言う余裕

皆さん、すごいわ〜

とても楽しかったです

次回はまた少し変わったネタで行ってみたいと思っています

個人的な話で恐縮ですが

そろそろ、森は、Toastmasters Clubに復帰の準備モードに入りました

そもそもTable Topics もToastmasters Clubに復帰した時に困らないように

と何とも身勝手な気持ちで皆さんを巻き込んでTable Topicsのワークショップを行っていました

Table Topicsに関しては、内容や話の構成はともかくとして

以前ほど緊張せずに話せるようになった気がしてます

ちょっと皆さんにも人気が出てきたようなので、今後も続けますが


今度は復帰後のEvaluation Sessionに備えて、論評の練習をします

自分の都合ばかりで申し訳ないですが

自分一人ではなかなか練習ってできないものですから

お付き合いいただきたいと思っています


しかし、私のワークショップで誰かの5〜7分のスピーチを聞いてから

論評するのは、準備ができませんので、人のスピーチの代わりに

ものネタで論評の練習をします

良いところ→改善点→全体のポジティブなまとめ

という方程式

を2分間で話すというものです

完全な即興ではなく、「物」を見てから10分間の考える時間があります

興味のある方は

6月13日水曜日午前10時常盤平みかんハウスのワークショップ

にメールで参加表明の上、ご参加くださいませ



こちらは確定したスケジュールです

皆様のお越しをお待ちしております

6月の音読のスクリプトは「こんな事も英語で言えたらいいなぁ」と思えるような日常会話です